【診療時間】 9:00~12:00 / 15:30~19:00
休診日: 火曜 ※日曜・祝日は午前診療

TEL:0467-25-3217

腫瘍科

HOME»  腫瘍科

腫瘍科

近年、犬や猫などの高齢化に伴い、ペットの腫瘍は増加傾向にあります。

これからはさらなる腫瘍の早期発見と治療が課題になります。また、腫瘍には完治するものから治らないものまで様々です。

当院の方針では、問診・視診・触診・血液検査・細胞診、また悪性腫瘍が疑われる場合にはX線検査や超音波検査などを行うことにより、全身状態を把握してからその子に合わせた治療方法を決定いたします。

正確な進行度の判断と、その子の基礎疾患を含めた全身状態の診断、統計データに基づいた予後の正確な評価などが大事になってきます。

転移しているにもかかわらず無理な外科手術を行って限りある命を短くしてしまったり、病気が初期にも関わらず治療をしないで手遅れにさせてしまうことは絶対にあってはならないことだと思っています。

ペットの腫瘍に対する治療法には、外科療法、放射線療法、化学療法、免疫学的療法などがありますが、いずれをとっても100%の治療成績を上げる方法はありません。

腫瘍の種類や進行度、全身状態に応じて、飼主様と共にベストな治療を行えるように努力しています。


  • :細胞診

  • :レントゲン検査

  • :病理組織検査

  • :超音波検査(膀胱)

  • :超音波検査(肝臓)

ペットドック ペットの子達の健康で長生きを願うため、定期的な診察やワクチンの接種等をお勧めしております。

Doctor's File 町の頼れるドクターたち

動物ナビ

フェイスブック

TOP