【診療時間】 9:00~12:00 / 15:30~19:00
休診日: 火曜 ※日曜・祝日は午前診療

TEL:0467-25-3217

施設案内

HOME»  施設案内

施設のご紹介

清潔感のある空間作りをしています

受付・待合室

優しく笑顔でお迎えする場所

少しでもリラックスしてお待ちいただけるよう、ゆとりのある空間にしています。分からないことがありましたらお気軽に声を掛けて下さい。

動物達との触れ合いの場所としても使えるスペースです。

第1診察室

各種検査機材を備えた診療室

ここは血液検査や顕微鏡検査などの一般検査機器や、超音波検査機器などを備えた診察室です。

飼い主様にできるだけ検査や治療の内容が見えるようにしています。
また、各検査もすぐに診察と同時進行で行えるよう設計しています。

第2診察室・トリミング室

診察台を使用しない診療スペース

ここはいわゆる診察台がないため、大型犬や診察台の嫌いな動物達に優しい診察室になります。

床置診察台を設置していますので体重測定も可能です。
動物達と一緒に座って診察することもできます。

手術室・レントゲン室

様々な手術に対応するスペース

レントゲン設備も併設している手術室です。
手術時にレントゲン撮影が可能です。

麻酔モニターなど術中の管理もしっかり行えるようになっており、緊急対応もできるようになっています。

入院室

大切な動物達を大事に管理する施設

診察室からいつでも覗いて観察することができるようになっていますので、手術後の管理もしっかり管理することが可能です。

また、一時預かりやホテルもできるようになっており、万全を期して警備会社の管理も入れてあります。

設備紹介

当院で使用している医療設備を簡単に紹介します。
常に質の高い獣医療を提供できるよう目指し、今後も動物医療向上のため、最新機器を取り入れていきたいと思っています。

血液検査機器

  • ■自動血球計測器
    赤血球・白血球・血小板などの数値を計測します。

  • ■血液生化学検査器
    肝臓・腎臓・膵臓などの内臓や血液電解質の状態を迅速に調べる機器です。

画像診断検査機器

  • ■超音波検査装置
    心臓や各種臓器の状態をリアルタイムに画出します。

  • ■レントゲン撮影装置

電子内視鏡

最新医療機器である消化管内視鏡です。
食道、胃、十二指腸、大腸などにある病気を調べるための検査機器です。
レントゲン検査と比べる、直接内部を肉眼で確認することができ、微細な変化を発見することが出来ます。
必要であれば、組織の一部を採取して、病理検査することも可能です。
また、異物を飲み込んでしまった場合には、開腹手術をしなくても取り出せることもあります。
小型犬・猫から大型犬、または胃腸から大腸まで対応できるように複数の電子スコープやファイバースコープを装備してあります。

眼科検査機器

最新型眼圧計・検眼鏡・眼底検査用レンズ等の機器によって、目の詳細な状態を調べることができます。

動物用耳鼻咽頭CCDカメラ


主に耳道内を詳細に観察するカメラです。今まで獣医師しか見れなかった耳の中など飼い主様と一緒に観察することができます。

麻酔関連機器

麻酔モニターにて血圧・心拍数・呼吸数・CO2濃度・体温等を測定しています。

その他医療機器

  • ■生体顕微鏡

  • ■遠心分離機
    尿・血液・体液等を遠心分離させ沈殿した細胞などを分析します。

  • ■動物用マイクロエンジン
    歯の切削や研磨などの口腔外科だけでなく、膝関節外科や椎間板ヘルニアなどの整形外科にも活躍します。

  • ■超音波スケーラー
    歯周治療(スケーリングから歯周ポケットの消毒や)、歯内治療や修復治療までサポートします。

  • ■マイクロチップリーダー
    マイクロチップの情報を読み取る機械です。

    マイクロチップとは固体識別に使用される動物用管理医療機器です。
    迷子・災害・盗難・事故・動物処分の未然の防止など、動物福祉の増進を目的としています。

  • ■オゾン水生成器
    電気分解により殺菌力を持たせた水を作ります。
    皮膚疾患の治療補助に用います。

ペットドック ペットの子達の健康で長生きを願うため、定期的な診察やワクチンの接種等をお勧めしております。

Doctor's File 町の頼れるドクターたち

動物ナビ

フェイスブック

TOP